【決算分析】ユナイトアンドグロウ2022.12Q2

ユナイトアンドグロウ

ユナイトアンドグロウ(4486)の2022.12Q2決算を受けて。

【四半期】
赤字=各期の最高の数字
青字=各期の最低の数字
【前年同期比】
赤字=+20%~
青字=△20%~

Q2

<決算説明会資料より、人材関連の記載を抽出>
◆2022.12期Q2
・シェアード社員数は4月の新卒入社により、Q1比+13人
→人員増加による人件費増加、採用数増加による人材採用費増加などで、販売管理費は64M増加
・インソーシング事業既存顧客との取引拡大で増収、稼働単価上昇にも寄与し粗利率上昇
→販管費増加を吸収し、前年Q2比で42%営業増益。

◆2022.12期
・採用活動強化や人事関連施策などの費用増加を見込み、営業利益・経常利益は1桁の増益に留まるとの見通しは維持。
・インソーシング事業従業員数+15%増加のために、残り8名の採用が必要だが、例年の下半期実績をみると厳しそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました