【四半期決算分析】ENECHANGE2021.12Q3

ENECHANGE

ENECHANGE(4169)の2021.12Q3決算分析をします。


【エネルギープラットフォーム事業(EPF事業)】
・ストック売上成長ペースがQ2の一時的減速(緊急事態宣言で電力需要減)からきっちり復活。(説明会資料P.18-19)
・パートナーチャネル強化のためのセールス人員増加の結果、パートナー数の増加幅が大きくなった。(説明会資料P.30-31)


【エネルギーデータ事業(ED事業)】
・ARPUが反発し、ストック売上高の成長率が加速。(説明会資料P.23)

【全社】
・海外機関投資家比率が3.5%→7.6%に上昇(説明会資料P.50)

コメント

タイトルとURLをコピーしました