【四半期決算分析】マークラインズ2021.12Q3

マークラインズ
マークラインズ(3901)の2021.12Q3決算分析をします。 【四半期】 赤字=各期の最高の数字 青字=各期の最低の数字 【前年同期比】 赤字=+20%~ 青字=△20%~ 情報プラットフォーム事業:契約増加社数は、1-6月はどの月も前年比で大きく上回っていたが、7月に微減、8月に大幅増、9月に再び微減、と方向感がつかめない。売上はQ2までのストックが効いて順調。 地域別では、Q2で伸びた中国(=比較的コロナ終焉)に引き続き尽力して伸び率キープ。 ベンチマーキング関連事業:日本未発売のTesla車の分解・部品販売→それを呼び水に、大手カーメーカー・部品メーカーの電動部品調達増。 なお、このタイミングで上方修正・増配修正。

コメント

タイトルとURLをコピーしました