【決算分析】マークラインズ2020.12期

マークラインズ

基本情報

自動車業界特化のWeb情報サービスを国内外で展開。部品調達代行やコンサル、人材紹介も(ヤフーファイナンス)

仮説検証

マークラインズの2020.12期決算発表を踏まえ、仮説検証します。

【仮説】(2019.12期時点)

前提:KPI(契約企業数)の堅調増加による収益拡大
2020.12期EPS予想レンジ 49.4 ~ 54.1

【検証】(2020.12期時点)

2020.12期EPS 47.8
2020.12期EPS 50.8(特損控除)
→予想中央値からの乖離率 -1.9%

≪ほぼ的中≫
①売上高は+11.9% (予想:+12%)
②営業利益率は36.1%に低下(△0.6ポイント) (予想:37.6%)
≪指標≫2019.12期2020.12期増減率
契約企業数3,2663,63711.4%

決算概要

【BS】貸借対照表


規模
780M→4,024Mと、7年前比5.2倍。
資産
・現預の割合が大きい。
負債・純資産
・自己資本比率は前期比微増。

【PL】損益計算書


収入
・契約企業数増加により売上高は7年前比3.1倍になった。
支出
・売上原価は3.2倍。販管費は2.3倍。利益率上昇。
・給料手当2.5倍(従業員+平均臨時雇用者76→142人で1.9倍)。

【CF】キャッシュフロー計算書


(比較対象)
 
残高 着実増加。
イン 税引前当期純利益が多くを占める。
アウト 法人税、配当金が多くを占める。

以下の定量分析の各指標についてはこちらを参照ください。

定量分析①(過去の収益性)


収益力は8期連続で競争優位水準を満たす。

定量分析②(将来の収益性)

FCF(フリーキャッシュフロー)


投資負担はほぼ皆無のレベルで、営業CFの範囲内。

会計発生高


会計発生高はマイナスで安定。

ROA


ROAは高位安定。 営業利益率、総資本回転率ともに安定。

定性分析

市場の成長性が説明できるか

世界各国における環境規制強化を背景に、TeslaをはじめとするEVメーカーが勃興するなど、自動車産業では電動化への流れが加速している。これに伴いEVに関する販売台数、モデルチェンジなど、当社が提供する情報プラットフォーム・コンテンツへの関心が強まっている。さらに、コンサルティングやベンチマーキング関連事業では電動化に関連する案件が増加。(決算説明会資料より)

競争優位性が説明できるか

世界的な自動車産業ポータルは競合他社になし。

その会社の成長サイクルが説明できるか

【自動車産業のプラットフォーマーを実現するための施策】
①売り手側の開拓
・買い手を誘引する多彩な情報コンテンツ、サービスを提供するため、当社のグローバル8拠点を活用し、新たな売り手側の提携先を開拓する。

②買い手側の開拓
・未契約の欧州の完成車メーカー(VW, BMW)の新規契約獲得を図る。
・利用人数が少数に留まっている欧州及び米国の完成車メーカーから無制限契約を獲得するとともに、登録促進を図り利用人数を5,000人まで引き上げる。
・上記以外の無制限新規契約を獲得するとともに、既存会員の無制限契約へのアップグレードを促進し、買い手となる会員のさらなる増加を推進する。今後3年間で情報プラットフォーム利用人数倍増を目指す。
(決算説明会資料より)

まとめ

最後に、それぞれの分析結果についてまとめます。 以下の通り、おおよそ優良な株であることは分かりましたが、投資するには割安度の視点も必要なので改めて別記事で考え方をまとめます。
STEP①定量分析(過去の収益性)
指標基準◎基準〇当社評価
売上高粗利益率40%20%66%
売上高営業利益率20%10%36%
売上高当期純利益率10%5%24%
ROA(営業利益ベース)10%5%24%
STEP②定量分析(将来の収益性)
切り口基準◎基準〇当社評価
FCF(フリーキャッシュフロー)安定してプラス大体プラス安定してプラス
会計発生高安定してマイナス大体マイナス安定してマイナス
ROA上昇維持低下
STEP③定性分析
切り口判断
市場の成長性が説明できるかできる
競争優位性が説明できるかできる
その会社の成長サイクルが説明できるかできる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました