【四半期決算分析】スター・マイカ・ホールディングス2021.11Q3

スター・マイカ・ホールディングス

スター・マイカ・ホールディングスの四半期分析



赤字=各期の最高の数字
青字=各期の最低の数字
2021.11Q3:
・中古マンション業界は、引き続き品薄で単価が上がっている状況。
・同社も採算を重視し、販売売上は微減も、販売利益率は大幅に上昇。
・販売用不動産は増加に転じたが、賃貸売上の減少が継続しているので、現空物件中心の取得と推測。(オーナーチェンジ物件より現空物件重視の傾向ならば、個人的にはネガティブな印象)
・日経平均△681円という地合いの悪さなのか、同社へのもう一段階の上方修正や増配を織り込んでいたのか、翌営業日の同社株価は△8.3%

ぜひ、ご意見・ご感想お寄せください

コメント

タイトルとURLをコピーしました